ヘンデルの名曲ベスト

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
Georg Friedrich Händel(1685- 1759)

ヘンデルは、バッハと並び称されるドイツ・バロック音楽の最大の作曲家とされ、「音楽の母」とも呼ばれています。ヘンデルはあらゆる分野に膨大な作品を残しており、中でもオペラやオラトリオのような劇作品の作曲に情熱を傾けました。オラトリオ「ハレルヤ」は特に有名で、キリストの生誕から受難、そして復活までを壮大に歌いあげています。

ヘンデル

オラトリオ「メサイヤ」

3部構成の約2時間半のこの大曲の楽譜をヘンデルはわずか24日間で書き上げたと伝えられます。第2部最終曲の「ハレルヤ」(通称「ハレルヤコーラス」)は特に有名です。


水上の音楽

ヘンデルの代表的な管弦楽作品です。この曲には有名なエピソードがあります。野外で演奏される曲のため、全体に明るく開放的な雰囲気が溢れているヘンデルの代表作品のひとつです。


水上の音楽」第2組曲より”アラ・ホーンパイプ“

野外で演奏される曲のため、全体に明るく開放的な雰囲気が溢れているヘンデルの代表作品のひとつです。中でも、第2組曲の第2曲目の「アラ・ホーンパイプ」は全曲中最も有名な曲です。


「王宮の花火の音楽」より”序曲”

ヘンデルの「王宮の花火の音楽」は、「水上の音楽」と並んでよく知られている祝典音楽です。1748年にオーストリア継承戦争終結のために開かれた祝典のために作曲されました。


 ラルゴ(オンブラ・マイ・フ)

ヘンデルのオペラ「セルセ」第1幕第1場の中のアリアです。今日オペラはほとんど上演されませんが、この曲は美しい小品として愛され、しばしば演奏されます。ソプラノ歌手キャスリーン・バトルによる録音が、1986年夏からニッカウヰスキーのCMに使用され、日本で大きな反響を巻き起こした。


歌劇 「リナルド」より 「私を泣かせてください」

「私を泣かせてください」はヘンデルが作曲した歌劇「リナルド」のなかのアリアです。「涙の流れるままに」と訳されることもあります。歌劇 「リナルド」の中で最も有名で、単独で歌われることも多いアリアです。


ハープシコード組曲 第2番より第4曲”サラバンド”

この「サラバンド」はスタンリー・キューブリック監督による1975年公開の映画「バリー・リンドン」の、サントラとして使用され、その哀愁を帯びたメロディは、多くの人々を魅了しました。


調子のよい鍛冶屋

「調子の良い鍛冶屋」は、ヘンデルのハープシコード組曲第5番 ホ長調 HWV.430 の終曲「エアと変奏」に付けられた通称です。


「オラトリオ「ユダス・マカベウス」より“見よ、勇者は帰る”

「ユダス・マカベウス」はヘンデルが作曲したオラトリオ(宗教曲)。メサイアに次いで人気の高いオラトリオです。「見よ 勇者は帰る」はオラトリオ「マカベウスのユダ」の中の一曲です。




コメントは受け付けていません。