グリエール:バレエ「赤いけしの花」より“ロシア水兵の踊り”

バレエ「赤いけしの花」はソビエト連邦の作曲家、レインゴリト・グリエールが作曲したバレエ音楽です。ソビエト連邦の最初の全幕バレエで、1927年に初演されました。

バレエ「赤いけしの花」は中国の革命を題材とした物語です。町で人気の踊り子とロシア水夫の哀しい恋物語で、最後に赤いけしの花に開放の願いを込めながら死んでいくという悲劇です。

この第1幕の「ロシア水兵の踊り」は、全曲中で最もよく知られています、ロシア民謡の「小さなりんご」がアレンジされています。オーケストラで演奏される機会も多く、吹奏楽などにも編曲されてよく演奏されています。

グリエール:バレエ「赤いけしの花」より“ロシア水兵の踊り”

😀 オススメCD
火祭りの踊り~華麗なるフィラデルフィア・サウンドII
ユージン・オーマンディ


😯 関連リンク
目と耳で楽しむ・バレエ曲ベスト20







コメントは受け付けていません。