アダン:バレエ「ジゼル」

バレエ「ジゼル」は、1841年にフランスで初演されたバレエ作品。作曲はアドルフ・アダン。ロマンティック・バレエの代表作の一つであり、バレエの主要なレパートリーの一つになっています。

作曲者のアダンは生涯に39のオペラと、14のバレエ音楽を残しました。中でもバレエ音楽には傑作が多く、「ジゼル」のほか「海賊」も人気のある作品です。

バレエ「ジゼル」は結婚を目前にして亡くなった娘達が妖精ウィリとなり、夜中に森に迷い込んできた男性を死ぬまで踊らせるという、詩人ハイネによって紹介されたオーストリア地方の伝説に基づいています。

2幕物で、第1幕の昼間の森の場面と第2幕の夜の場面の対照が印象的で、主人公が死装束で踊る唯一のバレエ作品といわれます。

アダン:バレエ「ジゼル」

😀 オススメのDVD
DVDで楽しむバレエの世界 ミラノ・スカラ座バレエ団 「ジゼル」
スヴェトラーナ・ザハーロワ


😯 関連リンク
目と耳で楽しむ・バレエ曲ベスト20







コメントは受け付けていません。