ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ

「ペトルーシュカ」はロシアの音楽家イーゴリ・ストラヴィンスキーのバレエ音楽。「春の祭典」「火の鳥」と並んで、ストラヴィンスキーの三大バレエ音楽の一つです。

「ペトルーシュカ」はおがくずの体を持つわら人形の物語で、主人公のパペットが命を吹き込まれて恋を知るという、ロシア版のピノキオのようなストーリーです。

「ペトルーシュカ」の音楽は、最初はピアノ協奏曲として構想され1911年に作曲されました。その後、ピアニストのルービンシュタインから、「世界一難しい曲を書いてほしい」と依頼され、ピアノパートを中心に、ストラヴィンスキー自身が編曲したのが「ペトルーシュカからの3楽章」です。このピアノ曲は、かなりの難曲にもかかわらず人気があります。

ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ

ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(ピアノ)

😀 オススメのDVD
[φシリーズ]ブラームス:愛の歌(18曲のワルツ)/ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ [DVD]
ハンス=ペーター

😀 オススメCD
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ 春の祭典
ピエール・ブーレーズ、CSO


😯 関連リンク
目と耳で楽しむ・バレエ曲ベスト20
近代・現代のクラシック名曲ベスト




コメントは受け付けていません。