ラヴェル:ボレロ

「ボレロ」は、フランスの作曲家モーリス・ラヴェルが1928年に作曲したバレエ音楽です。オーケストラで使われる楽器が、同一のリズムが保持されるなかで次々とソロを披露していく、という特徴的な構成で、現代でもバレエの世界に留まらず広く愛される音楽の一つです。

フルートから順に次々ソロをとっていき、次第に音に厚みが加わり最後は全合奏でなだれ落ちるように幕を閉じます。

単純な構成とそこからかもし出される豊かさからこの曲は大変人気があり、映画、ドラマ、アニメ、CM、フィギュアスケートなどで数多く使われています。

ラヴェル:ボレロ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメのDVD
モーリス・ベジャールと二十世紀バレエ団の芸術1 ボレロ、アダージェット、愛が私に語るもの [VHS]
モーリス・ベジャール

😀 オススメCD
ラヴェル:ボレロ、スペイン狂詩曲/ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
豊穣なワインの味・管弦楽曲ベスト30
トロンボーンの名曲ベスト
目と耳で楽しむ・バレエ曲ベスト20




コメントは受け付けていません。