バリオスの名曲ベスト

アグスティン・ピオ・バリオス
Agustín Pío Barrios(1885年- 1944年)
バリオス

大聖堂

バリオスの作品の多くは、中南米の民俗音楽に影響を受けています。「大聖堂」はバリオスの代表的なソロ・ギター作品でクラシック・ギターの最重要レパートリーの一つです。


郷愁のショーロ

郷愁のショーロ(悲しみのショーロ)は、バリオスの作品の中でも人気のある曲の一つです。ショーロとはポルトガル語で「泣く」の意。その名のとおり泣けるような哀愁に満ちた美しいメロディの曲です。


ワルツ第3番

バリオスのワルツは多くの人に愛奏されていますが、特にワルツ第3番は、第4番と並ぶ人気曲で、クラシックギターのレパートリーとしても有名です。







コメントは受け付けていません。