ソル:モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲

フェルナンド・ソルは、1778年生まれのスペインの作曲家、ギター奏者で、スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれています。ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をし、ギターのための曲を最も多く書いた作曲家の一人です。

「魔笛の主題による変奏曲」はソルの代表作の一つで、モーツァルトの最後の歌劇「魔笛」に出てくるメロディをギター用に編曲したものです。

主題は歌劇「魔笛」の第1幕第17場に出てくる銀の鈴が奏でるメロディ「これはなんと素晴らしい響き」ですが、ソルは少し手を加えてテーマとしています。この曲はプロ、アマ問わずギターのレパートリーには欠かせない1曲になっています。

ソル:モーツァルトの「魔笛」の主題による変奏曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ソル・ギター作品集福田進一(ギター)


😯 関連リンク
クラシックギターの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。