グラナドス:スペイン舞曲第5番「アンダルーサ」

グラナドスは1867年生まれの スペインの作曲家。スペイン民俗音楽に根ざした作品が多く、詩的でかつロマンティックなピアノ曲がよく知られています。

「アンダルーサ」はピアノ曲「12のスペイン舞曲」の第5番にあたり、曲集の中でも最も有名なもので、グラナドスの作品の中でもよく知られている曲です。

副題の「アンダルーサ」とは“アンダルシア風”の意で、バルセロナの出版社が後から付けたものです。曲は、スペインの雰囲気が強烈に感じられ、優美で、大変ロマンティックな作品で、ギターや他の楽器でもよく演奏されています。

グラナドス:スペイン舞曲第5番「アンダルーサ」(ギター版)

グラナドス:スペイン舞曲第5番「アンダルーサ」(ピアノ版)

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
荘村清志最新ベスト「愛のロマンス」荘村清志(ギター)


😯 関連リンク
クラシックギターの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。