ラウロ:ベネズエラ・ワルツ 第3番

アントニオ・ラウロは(1917~1986)はベネズエラの作曲家で、数多くのギターのための小品を残しました。

作品としては、ベネズエラ・ワルツ 全4曲が特に有名です。中でも「ベネズエラ・ワルツ第 2番」(アンドレイナ)はショパンのようなロマンチックな音階が印象的。そして「ベネズエラ・ワルツ第3番」(ナタリア)は「クリオロ・ワルツ」という別名でも知られ特に有名です。

どれも短い曲ですが、美しく情感あふれるメロディと、民族色の強いリズムを持った魅力的な曲は、世界中のギタリストから愛されている珠玉の名曲です。

ラウロ:ベネズエラ・ワルツ 第2番&第3番

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
ラウロ:ギターのためのベネズエラワルツ集
アダム・ホルツマン(ギター)


😯 関連リンク
クラシックギターの名曲ベスト20







コメントは受け付けていません。