ドビュッシー:「前奏曲集第1巻」より”亜麻色の髪の乙女”

この「亜麻色の髪の乙女」はドビュッシーの全12曲からなる「前奏曲集第1巻」の8曲目にある曲で、第1巻中で最も有名な曲です。

五音音階を効果的に使った旋律で、特有の和声づけなどによってドビュッシーならではの世界観を出しています。

静かで優しさに満ちたこの曲は世界中の人から広く親しまれています。またピアノ以外にオーケストラ曲としても編曲されています。

ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ドビュッシー:ピアノ作品全集
ジャック・ルヴィエ(ピアノ)

JAZZで聴く サティ/ドビュッシー
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの女王・ピアノ曲ベスト30
食事の時のクラシック
眠れないときのクラシック







コメントは受け付けていません。