ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

フランスの作曲家ドビュッシーが1894年に完成した管弦楽作品で、ドビュッシーの出世作です。ドビュッシーが敬慕していた詩人マラルメの「牧神(半獣神)の午後」という詩に感銘し書かれました。

牧神の象徴である「パンの笛」をイメージする楽器としてフルートが重要な役割を担っており、冒頭のフルートの柔らかい響きと半音階で下降する旋律と、新しい和声や五音音階を使った新鮮な響きは、音楽史上も大きな分岐点的な意味合いを持つ重要な作品とされています。

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
豊穣なワインの味・管弦楽曲ベスト30
食事の時のクラシック
フルートの名曲ベスト




 

コメントは受け付けていません。