ショパン:ワルツ第14番 ホ短調 「遺作」

ワルツ第14番は、ショパンが1830年に作曲したワルツです。いまだ郷里ジェラゾヴァ・ヴォラ(ポーランド)にいて、華やかな演奏技巧で名をあげようとしていた時期の作品です。出版は死後20年ほどたった1868年に出版されたので「遺作」となっています。

曲は速いテンポの明るく華やかなワルツで、ショパンのワルツの中でも演奏技術が高い作品ですが、華やかさがあり演奏時間も3~4分程度と短いことから、アンコールピースによく選ばれる曲です。

ショパン:ワルツ第14番 ホ短調「遺作」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン:ワルツ集(14曲)(クラシック・マスターズ)
ディヌ・リパッティ(ピアノ)


😯 関連リンク
ワルツの名曲ベスト30







コメントは受け付けていません。