ブラームス:「16のワルツ」より第15番

16のワルツ作品39は、ヨハネス・ブラームスによるピアノのためのワルツの曲集。ブラームスはこれらのワルツを、始めはピアノ連弾用に作曲しましたが、評判が良かったためピアノ独奏用に、後に、2台のピアノ用(第1、2、11、14、15番のみ)にも編曲しています。

「16のワルツ」は16曲の規模の小さな小品ですが、さまざまな性格の違いの曲が、どれも素朴で親しみやすい味わいをもっています。中でも15番はとてもロマンティックで優美な旋律で、演奏会に取り上げられることが多い曲です。BGMなどでもよく使われています。

ブラームス:「16のワルツ」より第15番

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン:ワルツ集(14曲)(クラシック・マスターズ)
ディヌ・リパッティ(ピアノ)


😯 関連リンク
ワルツの名曲ベスト30







コメントは受け付けていません。