ドビュッシーの名曲ベスト

クロード・アシル・ドビュッシー
Claude Achille Debussy(1862- 1918)

ドビュッシー

牧神の午後への前奏曲

フランスの作曲家ドビュッシーが1894年に完成した管弦楽作品で、ドビュッシーの出世作です。ドビュッシーが敬慕していた詩人マラルメの「牧神(半獣神)の午後」という詩に感銘し書かれました。


ベルガマスク組曲

ベルガマスク組曲は、クロード・ドビュッシーのピアノ独奏曲で、「プレリュード」、「メヌエット」、「月の光」、「パスピエ」の4曲からなる組曲です。どの曲も個性的で親しみやすいので、大変よく知られています。


ベルガマスク組曲より「月の光」

ベルガマスク組曲は、プレリュード、メヌエット、月の光、パスピエの4曲からなるピアノ曲です。特に第3曲の「月の光」はピアニッシモで演奏される夜想曲で限りなく優しく切ない名曲です。


「前奏曲集第1巻」より”亜麻色の髪の乙女”

この「亜麻色の髪の乙女」はドビュッシーの全12曲からなる「前奏曲集第1巻」の8曲目にある曲で、第1巻中で最も有名な曲です。


組曲「子供の領分」より”ゴリウォグのケークウォーク”

ゴリウォグのケークウォークはドビュッシーの6つの小品からなるピアノのための組曲「子供の領分」の中の第1曲目の曲です。


2つのアラベスク

2つのアラベスクはクロード・ドビュッシーの最初のピアノ作品です。1888に作曲されたと推定され、ドビュッシーの作品の中では最も有名な作品の一つに数えられています。


「2つのアラベスク」より第1番

ドビュッシーの初期ピアノ作品の中ではもっともポピュラーな作品です。アラベスクというのは、アラビア風の装飾が多くて華やかな楽曲といった意味を持つ言葉です。


 喜びの島

ドビュッシーの数あるピアノ曲の中でもひときわ豊かな色彩感や華やかさに満ちています。「のだめオーケストラ」でマラドーナ・ピアノコンクールの第2次予選曲になっています。


シランクス

ドビュッシーが1913年に作曲した無伴奏のフルート作品です。フルート1本だけで演奏される3分ほどの短い曲ですが、1本の楽器だけで奏でられているとはとても信じられないような、ダイナミックスと音色の変化に驚かされます。


 

「夢」は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1890年頃に作曲したピアノ独奏曲。「夢」というタイトル通り、夢幻的なハーモニーと甘美なメロディにつつまれた、とても印象的な小品で演奏の機会も多い曲です。


小組曲

「小組曲」はクロード・ドビュッシー作曲のピアノ4手連弾のための組曲。曲は4つの小品から構成されており、各曲には「小舟にて」、「行列」、「メヌエット」、「バレエ」の副題が付けられています。どの曲もシンプルで典雅な美しさを備えた珠玉の連弾曲になっています。


交響詩「海」

「海」は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーが1905年に作曲した管弦楽曲。海の情景を表した標題音楽で交響詩「海」とも呼ばれます。この曲はドビュッシーの最高傑作であるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品の一つとなっています。


版画

クロード・ドビュッシーの「版画」は、1903年に完成されたピアノ曲集です。ドビュッシーの「映像」とともに印象主義音楽のピアノ曲の書法を確立した作品と言われています。オリエント、スペイン、フランスから題材をとった3曲から構成されています。


「映像第1集」より”水の反映”

映像第1集の第1曲目にあたる「水の反映」は、全4集の「映像」の中でも最もよく知られている作品です。ラヴェルの「水の戯れ」に影響を受けたと言われており、水の揺らめきや光の輝き、繊細な音の粒が色彩豊かに表現されています。


「ピアノために」より”プレリュード”

「ピアノために」は3曲からなる組曲です。第1曲のプレリュードは、グリッサンドなどを使用した軽快な運動感と色彩感が印象的な曲で、演奏効果が高く非常に豪華に聴こえる曲です。


クラリネットのための第1狂詩曲

「牧神の午後への前奏曲」を思わせる抒情と、クラリネット特有の「ロマンティックな甘さ」を持ち、可愛らしいジュエリーのような輝きに満ちた作品です。



コメントは受け付けていません。