ラフマニノフ:交響曲第2番より”第3楽章”

交響曲第2番ホ短調作品27は、ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフが1906年から1906年にかけて作曲した交響曲。ロシアの交響曲の伝統に従って、ドラマティックに構成されているラフマニノフの最高傑作の一つ。

特に「第3楽章」はラフマニノフならではの美しいアダージォの楽章です。ヴィオラによるスラヴ風の流れるような旋律が、儚い憧れを込めるかのように歌われた後、続いてクラリネット・ソロによる甘美な旋律がこれに代わっていきます

このクラリネット・ソロは、世界中の首席クラリネット・オーディションの最終審査で必ず要求される曲だそうです。

ラフマニノフ:交響曲第2番より”第3楽章”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ラフマニノフ:交響曲第2番、死の島
ロリン・マゼール


😯 関連リンク
胎教・育児のクラシック







コメントは受け付けていません。