ルロイ・アンダーソン:そりすべり

ルロイ・アンダーソンはアメリカの作曲家。アーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。

「そりすべり」は現在では、クリスマスの時期になると必ず聴こえてくる、大変人気のあるクリスマスソングの一つですが、もともとはクリスマスの曲として作られた曲ではありません。

曲は軽快なリズムにのって分かりやすく温かいメロディで、そりで遊ぶ子供たちの楽しそうな姿が目に浮かんでくるようです。曲の最後では、トランペットによって、ウマの鳴き声が表現されています。

アメリカ人の作詞家、ミッシェル・バリッシュによって歌詞がつけられ、ジョニー・マティスやビング・クロスビーによっても歌われました。

ルロイ・アンダーソン:そりすべり

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
ボストン・ポップス・オーケストラ


😯 関連リンク
クリスマスのクラシック







コメントは受け付けていません。