シューマン:トッカータ ハ長調 作品7

シューマンのトッカータハ長調 作品7は1833年に作曲されたピアノ独奏曲です。トッカータには、「触れる」という意味があり、ピアニストにとっては指ならしを兼ねた即興曲という意味合いがあったようです。

シューマンはこの作品について「自分の書き上げた曲の中で最も難しいだろう」と言っているほど、高い演奏技術で華やかな外面的効果を狙った作品で、シューマンの中でも人気が高く、演奏会でも多く取り上げられている作品です。

シューマン:トッカータ ハ長調 作品7

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
シューマン:子供の情景
ウラジミール・ホロヴィッツ (ピアノ)



 




コメントは受け付けていません。