シューマン:幻想小曲集 作品12より 「飛翔」

幻想小曲集作品12はシューマンが1837年に作曲した8曲からなるピアノ曲集です。タイトル通り一つ一つの曲は幻想的な情緒に満ちていて、それぞれに文学的な標題が付けられています。

2曲の 「飛翔」はこの曲集の中では最も有名です。印象的な力強い冒頭に続き、長調に転じた軽やかな主題は幻想的で自由で力強い飛翔を感じさせます。

ピアノ学習者にとっては手が小さいと演奏困難で、味を出すにはそれ相応な技術が必要とされる曲です。

シューマン:幻想小曲集 作品12より「飛翔」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
トロイメライ~シューマン:ピアノ名曲集
ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ)



 




コメントは受け付けていません。