シューマン:交響曲第3番 変ホ長調 「ライン」Op.97

シューマンの交響曲第3番「ライン」は、1850年に作曲され、1851年2月6日にデュッセルドルフにおいてシューマン自身の指揮によって初演されました。

シューマンが完成した交響曲としては、実質的には4番目で最後のものになりますが、2番目のものが後年改訂出版されて「第4番」とされたため、第3番となりました。

「ライン」という標題は、出版社が付けたものですが、シューマンがライン川のほとりを好んで散歩し、川下りやそれを取り巻く環境に大いに触発されていたことは、第2楽章に「ライン河の朝」と記述されていたことからもわかります。

シューマン:交響曲第3番 変ホ長調 「ライン」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
シューマン:交響曲全集
レナード・バーンスタイン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団



 




コメントは受け付けていません。