モーツァルト:ホルン協奏曲第4番 変ホ長調 K.495

モーツァルトは生涯に4曲のホルン協奏曲を書き残していますが、4曲とも彼の年上の友人であるホルンの名手であったロイドゲープのために作曲しています。4曲ともホルン奏者にとってはかけがえのない曲になっています。

ホルン協奏曲第4番はホルン協奏曲の最後の作品として、1786年、「フィガロの結婚」の2ヵ月後に作曲されました。4曲の中でも一番堂々とした協奏曲で、半音奏法を中心に、当時のホルンとしてはかなり高度な演奏巧技が要求される曲となっています。

この4つのホルン協奏曲はバルブのないナチュラルホルンのために作曲されています。そのため音階や半音階は、ハンドストッピング(右手の操作)を行なうため、音色のムラが生じるため、「ハンドストッピングによる音色のムラを生かして作曲されている」と言われています。

モーツァルト:ホルン協奏曲第4番より”第3楽章”

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:ホルン協奏曲第4番
ラデク・バボラーク(ホルン) チェコ・シンフォニエッタ


😯 関連リンク
ホルンの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。