モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲

「ドン・ジョヴァンニ」は「フィガロの結婚」「魔笛」と並んで3大オペラと呼ばれるモーツァルトの代表作です。「ドン・ジョヴァンニ」はイタリア語で歌われる「オペラ・ブッファ(喜劇)」ですが、おどけ役でもあるドン・ジョヴァンニの悲劇のような喜劇、明るい音楽と悪魔的な暗さとが共存する特異な作品となっています。

「ドン・ジョヴァンニ」の主人公はスペインの伝説の放蕩者ドン・ファンです。女であれば誰でも口説き、裏切る好色男のドン・ジョヴァンニが最後は地獄に引きずり落とされる、という物語です。

この序曲は一晩で書かれたといわれています。冒頭からクライマックスの地獄に引きずり落とされる場面の悲劇的な和音で始まります。この序曲はそのままオペラの導入曲につながるので、モーツァルト自身が、演奏会用の華々しい終結部を別に作曲しています。

モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲/マーラー:交響曲第4番(ロット/BBCノーザン響/ザンデルリンク)(1978)


😯 関連リンク
序曲・前奏曲・間奏曲ベスト30
怒りの調「ニ短調」の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。