ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲

ヴェルディは生涯に26曲のオペラを作曲しましたが、サンクトペテルブルクのロシア帝室歌劇場から依頼がきて作曲したのが、この全4幕からなる「運命の力」です。これがヴェルディの最後の序曲となりました。

オペラ「運命の力」はそのタイトルのとおり、愛し合う恋人2人に起きた、あたかも定められた運命であるかのように偶然が重なり、悲劇が積み重なっていくというストーリーです。

この序曲は、金管の強烈な吹奏にはじまり、劇中に出てくる旋律を巧みに用いながら、迫り来る悲劇を予感させるかのような、ヴェルディ中でも最も有名な序曲となっています。

ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ヴェルディ:序曲・前奏曲集
クラウディオ・アバド指揮


😯 関連リンク
序曲・前奏曲・間奏曲ベスト30







コメントは受け付けていません。