ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 作品96, B.179 「アメリカ」

この弦楽四重奏曲「アメリカ」は、ドヴォルザークがアメリカ滞在中の1893年に作曲した作品で、ドヴォルザークの室内楽作品中最も親しまれている作品の一つです。 

1892年9月、ドヴォルザークは、ニューヨーク・ナショナル音楽院の院長としてアメリカに渡りましたが、この時影響を受けた黒人霊歌などが作品には大きな影響を与えています。その代表作が交響曲第9番「新世界より」であり、チェロ協奏曲、そしてこの弦楽四重奏曲「アメリカ」です。

ドヴォルザークは音楽院でヴァイオリンを学んでいた学生ヨゼフ・ヤン・コヴァリックの父親の家に招かれた際に、コヴァリック一家が演奏するためにこの作品を作曲しましたが、1893年6月8日に着手するとわずか3日間でスケッチを終え、6月23日には完成させていたと言われています。

ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 第12番「アメリカ」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」、他
アルバン・ベルク四重奏団


😯 関連リンク
弦楽四重奏の名曲ベスト







コメントは受け付けていません。