ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104

交響曲第9番「新世界より」や弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」と並ぶドヴォルザークの代表作の一つで、「ドヴォコン」の愛称で親しまれています。

ドヴォルザークのチェロ協奏曲は1894年から95年にかけて作曲されました。チェロ協奏曲の中で最も有名な作品の一つで、チェロ奏者にとって最も重要なレパートリーとなっています。その郷愁に満ちた日本人好みの旋律は聴く人を魅了してやみません。

この協奏曲は、アメリカ時代の終わり、チェコへの帰国直前の1894年から1895年に書かれた作品で、ボヘミアの音楽と黒人霊歌やアメリカン・インディアンの音楽を融和させた作品として名高く、独奏チェロの技巧性を際だたせながら、親しみやすい旋律に満ち溢れています。

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)


😯 関連リンク
2倍楽しめる・協奏曲ベスト30
チェロの名曲ベスト




 




コメントは受け付けていません。