ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調 作品88、B.163

知名度の点では第9番「新世界より」には及ばないものの、ドヴォルザークの交響曲の中でも広く知られている交響曲です。特に最初の2つの楽章はきわめて独創的で、即興的でもあり、この曲を交響詩と呼ぶ人も少なくありません。

9番「新世界より」はアメリカ滞在のあいだに聞いた音楽から大きく影響を受けていますが、この交響曲第8番はドヴォルザークの作品の中でも最もボヘミヤ的な色彩が濃厚であり、のどかで明るい田園的な印象が強く現れているのが特徴です。

ドヴォルザーク:交響曲第8番 ト長調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ドヴォルザーク:交響曲第8番&第4番
ヴァーツラフ・ノイマン指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。