ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 Op.95 「新世界より」

「新世界より」はオーケストラの演奏会で最も多く演奏されるレパートリーのひとつで、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」、シューベルトの交響曲第7(8)番「未完成」と並んで「3大交響曲」と呼ばれることもあります。

ドヴォルザークは1892年~1895年まで、ニューヨーク・ナショナル音楽院の院長の職にありましたが、「新世界より」はこの3年間の在米中に作曲されています。

「新世界より」は、ドヴォルザークがアメリカの黒人の音楽が故郷ボヘミアの音楽に似ていることに刺激を受けて、新世界から故郷ボヘミアへ向けて作られた作品だと言われています。

ドヴォルザーク:交響曲第9番 「新世界より」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ドヴォルザーク:交響曲第9番
ヴァーツラフ・ノイマン指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




 

コメントは受け付けていません。