シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調D821

アルペジョーネ・ソナタ イ短調D821はシューベルトが1824年、27歳のときに、6弦の弦楽器アルペジョーネのために作曲した作品です。

アルペジョーネは小型のチェロのような本体をもち弓で演奏しますが、フレットを持つなど、ギターの特徴も併せ持っている楽器です。しかし、このソナタが出版された時には、すでにアルペジョーネは忘れられた楽器になっていました。したがって現在、このソナタの演奏は、チェロやヴィオラ、コントラバスで演奏されることが多い。

一度聴いたら忘れられないほどのその哀愁あふれる美しい旋律はシューベルトの曲の中でも際立っている作品です。

シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)


😯 関連リンク
クラシックギターの名曲ベスト20




 




コメントは受け付けていません。