シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 作品114 ,D.667 「ます」

「ます」は1819年、シューベルトが22歳、まだ若々しく希望と幸福にあふれていた時期の名作として知られている。シューベルトの唯一のピアノ五重奏曲です。

 「ます」という愛称は自身の作曲した歌曲「ます」D550の旋律を引用して作曲しているためから、「ます」という副題が付きました。有名な「ます」のテーマは第4楽章にあり、明るくすがすがしい気分に満ちた作品です。

 通常のピアノ五重奏はピアノと弦楽四重奏という組み合わせですが、シューベルトの作品ではピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロそしてコントラバスという珍しい編成になっています。これは低音部を充実させるためにコントラバスが用いられたという時代背景があるようです。

 JR東日本常磐線のいわき1、2番線で発車メロディにも採用されています。

シューベルト:ピアノ五重奏曲 「ます」より第4楽章

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
シューベルト:ピアノ五重奏曲
スビャトスラフ・リヒテル(ピアノ)



 




コメントは受け付けていません。