チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」より”花のワルツ”

「くるみ割り人形」はチャイコフスキーが作曲したバレエ音楽で、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」と共に3大バレエと言われています。「くるみ割り人形」は始まりのシーンが「クリスマスの夜」ということもあって、クリスマスのシーズンに上演されることが多いようです。

中でも終曲の「花のワルツ」はこんぺい糖の精の侍女24名が華麗に踊るワルツです、終曲にふさわしくクライマックスへと導きます。全曲中もっとも華やかで、単独で演奏されることも多い曲です。

フィギュアスケートの浅田真央選手の2005~2006シーズンのフリー・スケーティング曲として使用されていました。

「くるみ割り人形」より”花のワルツ”

😀 オススメのDVD
チャイコフスキー「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」 [DVD]
キーロフ・バレエ

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
I LOVE CLASSICS BEST~癒しとくつろぎのクラシック
オムニバス

JAZZで聴く チャイコフスキー
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
豊穣なワインの味・管弦楽曲ベスト30
目と耳で楽しむ・バレエ曲ベスト20
「春を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。