ハイドン:交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」

ハイドンは古典派を代表するオーストリアの作曲家で、生涯に100以上の交響曲を作曲し、「交響曲の父」と呼ばれています。この交響曲第103番は「太鼓連打」の愛称で知られるハイドンの人気のある曲の一つです。

この「太鼓連打」はハイドンが62歳から63歳の時、イギリス滞在の合間に作曲されました。「太鼓連打」の愛称は第1楽章の冒頭と結尾で、ティンパニの長い連打があることからこのように呼ばれています。

同じく62歳の時に作曲された交響曲第102番、この第103番「太鼓連打」、続く第104番「ロンドン」の交響曲は60歳を過ぎてますますハイドンの創作意欲が感じられ、その構成美と完成度はハイドンの集大成といえます。

交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ハイドン:交響曲第103番「太鼓連打」&第104番「ロンドン」
セルジュ・チェリビダッケ







コメントは受け付けていません。