ルロイ・アンダーソン:トランペット吹きの子守歌

ルロイ・アンダーソンはアーサー・フィードラー指揮のボストン・ポップス付きの作曲家として、軽音楽風の親しみやすい曲を数多く作曲しました。

トランペット吹きの子守歌はトランペットと管弦楽のための作品ですが、「トランペット吹きの休日」と並んでトランペットの名曲として最もよく知られている作品です。

曲はゆりかごを思わせるような伴奏に乗ってトランペットが優しくゆったりとしたメロディを歌います。スコットランドの民謡などに見られるヨナ抜き音階に似た民謡音階が一部使用されているのも特徴です。演奏時間は約3分。

ルロイ・アンダーソンはこの他に「タイプライター」、「シンコペイテッド・クロック」、「そりすべり」などどれも楽しい曲が数多く知られています。

トランペット吹きの子守歌

AmazonでCDを見る
Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
トランペット吹きの休日 ~ルロイ・アンダーソン名曲集
ボストン・ポップス・オーケストラ






コメントは受け付けていません。