モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581

モーツァルトが 1789年に作曲したクラリネットと弦楽四重奏のための室内楽曲。友人アントン・シュタードラーのために作曲されたため、「シュタードラー五重奏」と呼ばれることもあります。自身のクラリネット協奏曲と並んでモーツァルトの人気曲の一つです。

クラリネットは当時、ようやくオーケストラの仲間入りをし始めた新しい楽器でしたが、モーツァルトはクラリネットの楽器特有の音色を見出し、巧みに生かしてクラリネットの可能性と魅力を余すことなく引き出しています。

曲は4楽章からなり、ヘルマン・アーベルトが「雲のない春の朝」と評した、清明な弦楽の旋律にクラリネットのアルペジオが応えて始まります。全体的な色調は明るいものの頻繁に短調に変化して、それが作品に深い陰影を与えています。演奏時間は約30分。

モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
モーツァルト:クラリネット五重奏曲
ザビーネ・マイヤー(クラリネット)


😯 関連リンク
眠れないときのクラシック
やすらぎと癒しのクラシック
クラリネットの名曲ベスト





コメントは受け付けていません。