チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 「悲愴」

チャイコフスキーの6曲の交響曲(7曲と数えることもある)の中で一番人気がある交響曲です。「悲愴」という標題はチャイコフスキー自身が付けたと言われています。

チャイコフスキーの最後の大作であり、その独創的な終楽章をはじめ、チャイコフスキーが切り開いた独自の境地が示され代表的交響曲のひとつとして高く評価されている。

チャイコフスキー自身も「この曲は、私の全ての作品の中で最高の出来栄えだ」と語るほどの自信作だった。しかし、初演のわずか9日後、チャイコフスキーはコレラと肺水腫が原因で急死し、この曲は彼の最後の大作となった。

チャイコフスキー:交響曲第6番 「悲愴」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
チャイコフスキー:交響曲第6番
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

JAZZで聴く チャイコフスキー
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30







コメントは受け付けていません。