シューベルト:「しぼめる花」の主題による序奏と変奏曲

「しぼめる花」の主題による序奏と変奏曲 は、1824年に作曲された、シューベルトの連作歌曲集「美しき水車小屋の娘」の中より「しぼめる花」のメロディを主題として、翌年に自らフルートとピアノのための変奏曲としたものです。

「美しき水車小屋の娘」は、「冬の旅」、「白鳥の歌」と並んでシューベルト3大歌曲集の一つですが、この「美しき水車小屋の娘」の全20曲からなる歌曲集の第18曲「しぼめる花」を主題とした序奏と7つの変奏になっています。

「美しき水車小屋の娘」は、ウィルヘルム・ミュラーの詩に曲を付けたものです。内容は叶わぬ恋を歌った悲しい曲ですが、哀愁と儚さがただよう主題は、絶望感を感じさせることなく美しい変奏で表現されています。

「しぼめる花」の主題による序奏と変奏曲

AmazonでCDを見る


😀 オススメCD
「しぼめる花」の主題による序奏と変奏曲
ボルフガング・シュルツ (フルート)


😯 関連リンク
フルートの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。