J.S.バッハ:フルートとチェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030

フラウト・トラヴェルソ(フルート)とオブリガートチェンバロのためのソナタ。J.S.バッハの7曲あるフルート・ソナタの中でもとりわけ傑作とされている作品で、古今のあらゆるフルート曲の中でも最高峰と見られる名曲中の名曲です。

1717年から1723年、バッハがケーテンの宮廷に仕えていたころの作品だとされています。始めはト短調で書かれ、のちにロ短調に直されたものであると言われています。

曲は3楽章からなり、気品をもったメロディがチェンバロと対話を交わしていく第1楽章、豊かな情感に彩られた緩やかな第2楽章、そして終楽章は躍動感あふれる力強い舞曲で締めくくられます。

フルートとチェンバロのためのソナタ BWV1030

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
バッハ:フルートソナタ集
オーレル・ニコレ(フルート)


😯 関連リンク
フルートの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。