ショパン:ワルツ第3番 イ短調 作品34-2

ワルツ作品34は「華麗なる円舞曲」と称される3曲からなるワルツ集です。ショパン初期の作品で、通称「華麗なる円舞曲」といわれているのは第1曲の変イ長調作品34-1です。

この曲は、作品34の3曲からなるワルツ集の第2曲で、ショパンがワルツの中でも特に気に入っていた作品といわれています。テンポの遅さから、「華麗なる」というより、哀愁に満ちた甘く切ない情緒を感じる作品です。

ワルツと言うより、むしろマズルカのリズムに近く、演奏技術的にはショパンの作曲したワルツの中で比較的も容易なものですが、傑作の一つに数えられる名曲です。

ワルツ第3番 イ短調 作品34-2

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン:ワルツ集(全14曲)
ルービンシュタイン(ピアノ)







コメントは受け付けていません。