ショパン:子犬のワルツ

「子犬のワルツ」はワルツ第6番変ニ長調Op.64-1の愛称です。ショパンは生涯で19曲のワルツを書いています。

ショパンの恋人ジョルジュ・サンドの飼っていた小犬が自分のしっぽを追いかけてくるくる回る癖をもっていて、それをピアノで表現したワルツと言われています。中間部の高く短い音は子犬がつけた鈴の音のようです

英語ではMinute Waltz(1分間ワルツ)という愛称でも親しまれています。

ショパン:子犬のワルツ

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン名演集
中村紘子(ピアノ)

😀 JAZZで聴くショパン
JAZZで聴く ショパン
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの女王・ピアノ曲ベスト30
胎教・育児のクラシック




コメントは受け付けていません。