ショパン:革命のエチュード

「革命のエチュード」は練習曲ハ短調作品10-12の愛称として知られるピアノ独奏のための作品です。1831年頃に書かれ、友人フランツ・リストに献呈され、「革命」というタイトルはフランツ・リストによって名付けられました。

革命のエチュードは祖国ポーランドの独立運動がロシア軍に弾圧されたという悲報を聞いて作曲されたといわれています。

激しい感じを持った曲で、激情的に上下する音階とたたきつけるようなオクターブの旋律で広く愛される左手のための練習曲です。

ショパン:革命のエチュード

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン名演集
中村紘子(ピアノ)


😯 関連リンク
クラシックの女王・ピアノ曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。