ショパン:「24の前奏曲」より第15番”雨だれ”

24の前奏曲は形式にとらわれない自由なピアノの小品を集めた曲集で、全曲通して演奏されることが多い。演奏時間は全曲でも40~45分程度。

この「雨だれ」は第15番目に入っている曲で、24曲中最も有名な曲です。5分程度の曲ですが独立して演奏されることが多い曲です。

「雨だれ」というタイトルはショパン自身が命名したのではありません。この曲が「雨だれ」と呼ばれるのは、同じ音が絶え間なく続く伴奏が雨だれのように聴こえてくるからでしょう。

名古屋鉄道の特急用車両ではこの曲の最初の部分をアレンジしたチャイムが使われています。

ショパン:24の前奏曲より第15番「雨だれ」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン名演集
中村紘子(ピアノ)

😀 JAZZで聴くショパン
JAZZで聴く ショパン
トーマス・ハーデン・トリオ







コメントは受け付けていません。