ショパン:華麗なる大円舞曲

「華麗なる大円舞曲」の正式名称はワルツ第1番変ホ長調Op.18です。ショパンは生涯で19曲のワルツを書いています。

華麗なる大円舞曲はワルツ作品の第1作目で若いころの作品ですが、「子犬のワルツ」と並んでショパンのワルツの中では特に有名な曲です。

ショパンらしい魅惑的な、明るく華やかな曲調で、当時流行していたウィンナ・ワルツの影響を受けているといわれています。

ショパン:華麗なる大円舞曲

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ショパン名演集
中村紘子(ピアノ)

😀 JAZZで聴くショパン
JAZZで聴く ショパン
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの女王・ピアノ曲ベスト30
食事の時のクラシック
元気が出るクラシック








コメントは受け付けていません。