ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 作品67「運命」

この交響曲第5番「運命」はその有名さ、演奏される回数の多さ、人気において、おそらくすべての交響曲の中でもこれに勝るものはないでしょう。

とくにその第1楽章の冒頭の動機、「タ・タ・タ・ター」のメロディーはベートーヴェン自身が「運命はこのように扉をたたく」と言ったと、弟子のシントラーによって伝えられて以来、この交響曲そのものが、「運命」という名称で呼ばれるようになっていることも、人気を高めるための大きな要因のひとつにもなっているようです。

このように日本では「運命」という名称で親しまれていますが、日本以外ではこの名称はあまり使われてはいないようです。

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調「運命」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第7番
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

😀 JAZZで聴くベートーヴェン
JAZZで聴く ベートーヴェン
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




コメントは受け付けていません。