ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品83

ブラームスとしては珍しく明るい曲です。これはイタリアへの旅行中に書かれた曲で、イタリアの明るい太陽の光や色鮮やかな海といった印象が感じられます。

ピアノ協奏曲第1番より22年のブランクの後に書かれたピアノ協奏曲。交響曲第2番やヴァイオリン協奏曲と並ぶ、ブラームスの全盛期の代表作で最も有名な作品の一つです。

多くのピアノ奏者や教師にとっても、最も難しいピアノ協奏曲の一つと言われています。

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)


😯 関連リンク
2倍楽しめる・協奏曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。