ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98

交響曲第4番は第3交響曲完成の翌年1884年から1885年にかけてブラームスが52歳の時に作曲した最後の交響曲です。

最もブラームスの魅力が凝縮されているといわれており、ブラームス自身も「自作で一番好きな曲」「最高傑作」と述べていたといわれています。

古い様式に独創性とロマン性を盛り込んだ、円熟した作品としての評価がなされており、特に第1楽章はえもいわれぬ美しさです。

ブラームス:交響曲第4番 ホ短調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ブラームス:交響曲第4番
カルロス・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30
「秋を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。