ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 作品90

交響曲第3番は1883年ブラームス50歳の時に作曲されました。ブラームスの交響曲の中では演奏時間が最も短く、初演者ハンス・リヒターは、この曲はブラームスの「英雄」だと言ったといいます。

何度か聴いていると不思議と音楽が心の奥深くまで入り込んでくるような不思議なブラームスの魅力がつまった作品です。

特に第3楽章が有名でフランソワーズ・サガン原作の映画「さよならをもう一度」の中で使われたり、フランク・シナトラも歌詞を付けて歌っています。

ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ブラームス:交響曲第3番
クナッパーツブッシュ指揮 シュトゥットガルト放送交響楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30
「秋を感じる」クラシックの名曲ベスト







コメントは受け付けていません。