ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73

ブラームスは交響曲を4曲作りました。21年という歳月を費やして緊密な構築性と劇的な性格を持つ交響曲第1番に対して、対照的に伸びやかで快活な雰囲気の曲になっています。ブラームスの当時のリラックスした気分が反映していると思われます。

ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」にたとえられ、「ブラームスの田園交響曲」と呼ばれることもあります。オーストリア南部のペルチャッハの大自然から受けた感動を、即興的につづった曲で、牧歌的で自然への憧憬に満ちています。

ブラームス:交響曲第2番 ニ長調

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を見る


😀 オススメCD
ブラームス:交響曲第2番
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


😯 関連リンク
クラシックの王様・交響曲ベスト30




 




コメントは受け付けていません。