ペルゴレージ:スターバト・マーテル

ペルゴレージは1710年生まれのイタリアのオペラ作曲家。26歳という短い生涯であったのにもかかわらず、古典派音楽の様式を最も早く示した人物として音楽史に名を残しています。

スターバト・マーテル(悲しみの聖母)とは、13世紀に生まれたカトリック教会の聖歌のひとつです。ヤーコポーネ・ダ・トーディの作とされ、中世の詩の中でも極めて心を打つもののひとつであり、「わが子イエス・キリストが磔刑となった際、母マリアが受けた悲しみを思う」という内容となっています。

中世以来、スターバト・マーテルに曲を付けた作曲家は600人以上と言われていますが、中でもペルゴレージ、ハイドン、ロッシーニ、ドヴォルザークのものが特に有名です。

ペルゴレージ:スターバト・マーテル

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


 

😀 オススメCD
ペルゴレージ : スターバト・マーテル
クラウディオ・アバド


😯 関連リンク
心が洗われる・宗教曲ベスト20




 




コメントは受け付けていません。