ハイドン:オラトリオ「天地創造」

「天地創造」は、ハイドンが作曲したオラトリオ。「四季」とともにハイドンの最も有名なオラトリオのひとつです。

オラトリオとは、日本語では「聖譚曲」と呼ばれ、聖書などから取ったテキストを題材として独唱、重唱、合唱、管弦楽のために構成されたバロック音楽を代表する楽曲形式のひとつです。なお、オラトリオと似ていますが、キリストの受難を扱うものは「受難曲」と呼ばれています。

この「天地創造」は3つの部分に分けられ、第1部(13曲)では天地創造の第1日から第4日までが、第2部(15曲)では第5日、第6日が語られ、第3部(6曲)では第2部で創造された人間の男女、アダムとエヴァの姿が語られます。演奏時間は約1時間40分

ハイドン:オラトリオ「天地創造」

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
ハイドン:天地創造(全曲)
アーノンクール


😯 関連リンク
心が洗われる・宗教曲ベスト20
三大オラトリオ




 




コメントは受け付けていません。