J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 BWV245

受難曲とは、新約聖書のマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4つの福音書に基づくイエス・キリストの受難を描いた音楽です。このヨハネ受難曲は「ヨハネによる福音書」の18、19章のキリストの受難を題材にした受難曲です。

数多くの音楽家が受難曲を作曲していますが。このうち最も有名な受難曲の一つです。バッハは,「マタイ受難曲」と「ヨハネ受難曲」の2つの受難曲を作曲していますが、2つともにバッハの全作品を代表する曲のみならず、「クラシック音楽」の最高傑作の一つともみなされています。

「ヨハネ受難曲」は福音書の流れに沿っていますが、コラールや自由詞のアリアが多く加えられて構成されているのが特徴です。演奏時間は約2時間。

J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 BWV245

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
バッハ:ヨハネ受難曲
カール・リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団



 




コメントは受け付けていません。