モーツァルト:モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」K.618

アヴェ・ヴェルム・コルプスニ長調K.618は、カトリックで用いられる賛美歌です。モーツァルトの他に、ウィリアム・バードやフォーレの作曲によるものが有名です。

この曲はモーツァルトが、妻コンスタンツェの療養を世話した合唱指揮者アントン・シュトルのために作曲したもので、わずか46小節の小品ですが、絶妙な転調による静謐な雰囲気から、モーツァルト晩年の傑作とされています。

この曲について、リストはピアノ用の編曲を残しています。また、チャイコフスキーは、この編曲をオーケストレーションし、組曲第4番「モーツァルティアーナ」の第3曲“祈り”としています。

モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」K.618

AmazonでCDを見る

Amazonで楽譜を探す


😀 オススメCD
モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
リッカルド・ムーティ

JAZZで聴く モーツァルト
トーマス・ハーデン・トリオ


😯 関連リンク
心が洗われる・宗教曲ベスト20
クラシックの合唱曲ベスト20







コメントは受け付けていません。