ヨハン・シュトラウス1世の名曲ベスト

ヨハン・シュトラウス1世
Johann Strauß I(1804-1849)

「ワルツ王」と呼ばれているヨハン・シュトラウス2世の父で「ワルツの父」と呼ばれています。ウィーンで毎年、元旦に楽友協会の「黄金の間」で行われるウィーン・フィルの「ニュー・イヤーコンサート」のアンコール曲としてかかせない曲「ラデッキーマーチ」の作曲者です。シュトラウス1世は、ウィンナ・ワルツの基本を完成させた作曲家として歴史に名を残しています。そしてその遺産は息子のヨハン・シュトラウス2世に引き継がれます。

ヨハン・シュトラウス1世

ラデツキー行進曲

この「ラデツキー行進曲」はヨハン・シュトラウス1世の一番有名な作品です。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートにおいて、アンコール曲の定番になっています。




 




コメントは受け付けていません。